売られていたネギを根から再生できるのか?(再生野菜)

畑日記

 今回は売られていたネギの根からネギを育てられるのか?という実験をしていきます。プランターや畑を持っていない方でも使える知識なので、興味がある方はぜひ最後まで見ていただけると嬉しいです!

再生野菜とは?

 再生野菜とはその名のとおり野菜を再生させたもののことです。再生野菜は食費の節約にもなり、簡単に野菜を栽培することができます。やり方は野菜を水につけて日あたりのいい場所に置くだけ(プランターや畑に植えてもいい)。再生できる野菜には、ネギやコマツナ、カイワレ大根などのさまざまな種類があります。

植えるまでの準備

 今から植えるまでの準備の説明をします。

①ネギを買いに行く。

買ってきたネギ

② ネギの根だけが残るように切る。(根じゃない部分は、食べていい)

③ネギの根を水につけて三日ほどおいておく。(ネギをつける水は毎日変える)

水につけてから一日目
水につけてから三日目(根や葉が少し伸びてきた)

  根が伸びてきて畑に植える準備が整ってきました。 プランターや畑を持っていない方はネギの根を水につけたまま日あたりのいい場所に置いておくと自然とネギが伸びてきますよ! 次はプランターや畑を持っている人の話です 。

ネギを植える 

 今から順番にネギを植える手順を紹介していきます。

①地面に三センチほどの穴を掘る。

②ネギをその穴に入れる。

③ネギの周りの土を固める。

先ほど書いた方法を使ってさっそくネギを植えてみました。これからどんな成長を見せてくれるのかが楽しみです。

収穫

 植えてから1~2か月ほどたち、ネギが20センチ~30センチほど伸びてきたら収穫です。収穫の時にまたネギを再生させたいのなら葉の部分を切り取り、そうでない人は根っこから抜くといいでしょう。取ったネギは味噌汁に入れたりするとおいしく食べられそうですね。

最後に

 最後まで見ていただきありがとうございました!今回は家庭でも使える知識を書いてみたので実践していただけると嬉しいです!次のブログでまたお会いしましょう。

コメント